メニュー

推薦の声 - 日本アーユルヴェーダ・スクール

アーユルヴェーダ

tel:0336621384

アーユルヴェーダ

医師:上馬塲 和夫

pa5-c.png

私は、日本アーユルヴェーダ・スクールが東洋伝承医学研究所という名称で活動していた当時から日本アーユルヴェーダ・スクールに関わって20年以上が経ちました。個人的には広島大学卒業時にライフワークとした東西医学融合を介して38年間が経つ中で、20年間以上の長きにわたり、故幡井勉先生、クリシュナ先生などに教えていただきながら、北里研究所付属東洋医学総合研究所、富山県国際伝統医学センター、富山大学和漢医薬学総合研究所での調査・研究から、古代インドの叡智の素晴らしさを発見しています。そのほんの一部をご紹介します。

オーダーメイド個別化健康増進システム(生活処方箋)がアーユルヴェーダの特徴

近年、病気の予防が重視されてきました。体質や体調に応じたライフスタイルを指示するのがアーユルヴェーダの特徴です。自分の体質を理解して、体質にあった生活の仕方「生活処方箋」を誰もが理解することができます。

いのちの全体性と統合医療を既に知っていたアーユルヴェーダ

生命(いのち)の全体性とボディ・マインド・スピリットそれぞれへのアプローチを統合した統合医療をアーユルヴェーダとヨーガは実現してくれます。

健康の定義をアーユルヴェーダは既に知っていた!

現代医学では近年になり「幸福な人ほど長生きをする」ことが報告されていますが、アーユルヴェーダでは、2000年前からそのような健康観をもっていました。

時間栄養学など時間治療学を知っていたアーユルヴェーダ

最近有名になってきた時間栄養学は、アーユルヴェーダでは2000年以上前 から当たり前のように、体内時計を意識した治療法や健康法を指示しているのです。

 

このように私は、現代医学の臨床&研究医の立場からアーユルヴェーダが、これからの高齢化社会において日本人に必須になることを痛感しています。1人でも

多くの方に日本アーユルヴェーダ・スクールで本物のアーユルヴェーダに触れていただきたいと思います。

Profile

1978年広島大学医学部卒業後、虎の門病院内科、北里研究所付属東洋医学総合研究所研究員、六本木クリニック院長。1987年ごろから、幡井勉先生の東洋伝承医学研究所にて活動を始めた。Vasant Lad氏の著作を翻訳し「現代に生きるアーユルヴェーダ」(平河出版)として出版。1999年から富山県国際伝統医学センター次長、富山大学和漢医薬学総合研究所客員教授。2010年からNPO法人日本アーユルヴェーダ協会理事長、帝京平成大学ヒューマンケア学部教授。東西医学融合をライフワークとしてアーユルヴェーダやヨーガの実践と研究を行い、日本アーユルヴェーダ・スクール講師、ハタイクリニック外来担当医を務めている。日本アーユルヴェーダ学会理事長、一般財団法人東方医療振興財団理事長、日本統合医療学会認定統合医療指導医。

医師:西脇俊二

pa5-b.png

実は私はハタイクリニックに診療の手伝いをしに行きながら、日本アーユルヴェーダ・スクールに通い始めるまではアーユルヴェーダについてはあまりよく知りませんでした。 というよりほとんど知らなかったのです。でも、なぜかインドは肌に合うというか懐かしさを感じるというか、初めてインドに行った時も「帰ってきた」と感じ、10数回訪れていました。 この頃はアーユルヴェーダのことは知りませんでしたから、何度もインドにいっても全く施術などは受けたことがありませんでした。(これはこれでとても珍しいと及川副校長に驚かれましたが(笑))。

 

私はもともと精神科医として医療に携わっていましたが、その過程で自分達がやっている治療というものは症状を抑えることを主眼としていて根本的な治癒にはなっていないと感じるようになっていました。 患者さんが社会生活を維持するためには必要なことなのかもしれませんが、なにか腑に落ちないまま日々忙殺されて年を重ねていました。 そこで最初に漢方医学に出会い、慢性疾患が治癒と言って良い状態までもっていけることを経験しましたが、まだ物足りなさを感じていました。 その後、アーユルヴェーダに出会い、日本アーユルヴェーダ・スクールで学び始めました。最初は聞き慣れない用語に戸惑いを感じていましたが、聴講を重ねるにつれ古から連綿と伝わる教えの深さを少しずつ感じるようになりアーユルヴェーダの深淵な世界に引き込まれていきました。

 

ハタイクリニックの日常の診療は、漢方医学やアーユルヴェーダ医学だけではなく、患者さんの状態や好みに合わせて現代西洋医学やその他の代替医療を取り入れながら行っていましたが、全身の痛みや甲状腺の疾患など多くの現代医療ではほぼ不治の病とされるものが、アーユルヴェーダによって劇的に改善するのを目の当たりにして、数千年も続いてきたということの意味に改めて気づかされました。

 

少々、話が重くなりましたが、たとえば現在推奨されている「有酸素運動」は「うっすら汗で息が切れない」レベルで走るのですが、アーユルヴェーダの古典には「体力の半分で息が切れない」運動が良いとすでに書かれていたのを知り、更にアーユルヴェーダ凄い!となってしまいました。

 

こんな凄いアーユルヴェーダをしっかりと学べる日本アーユルヴェーダ・スクールで是非学ぶことをお勧めします。
将来、アーユルヴェーダで施術することを目指す方ばかりでなく、日常生活に役に立つ知恵も豊富ですのであらゆる人にお勧めします。 最終学年を卒業した人には、「アーユルヴェーダの学びから遠ざからないように」と、クリシュナ先生がプライベートの時間を使って勉強会を開いてくださっているので、

継続して学び続けられるのも良いですね。

著書

「ガンが消える」(kkベストレラーズ)、「断糖のすすめ」(ワニブックス)、「アスペルガー症候群との上手なつきあい方入門」(宝島社)、「消化力」(ワニブックス)、「脱糖レシピ」(泄出版)、「脱糖ダイエット」(主婦の友社)、「なぜ一流の人はストレスが溜まらないのか」(PHP)、「絶糖生活のはじめ方」(廣済堂) 他

TV監修

「相棒」(主演 水谷豊)2007年3月放送 
「フリーター、家を買う」2010年10月~12月放送 
「ATARU」2013年4月~6月放送 他

映画監修

「ATARU」2013年9月14日封切り

ヨーガ指導者:HIKARU

pa5-a.png

ヨーガの実践をすすめる中でアーユルヴェーダに出会いました。
アーユルヴェーダに出会ってからは、自分自身が自然界の一員であること、また女性であることに喜び感じ、一日一日を大切に生きることが楽しくなりました。

 

入学する前に何冊か本を読みましたが、実践にはなかなかつながりにくいと感じていました。

スクールに通い始めると、実践者である先生方からの経験談を交えた指導を元に、実践方法とその裏にある理論を体系的に学ぶことで、日々の生活の中で自然に実践が始まり、新しい習慣ができました。 また、一緒に学ぶ仲間との時間はとても大切で、学んだことや実践したことについての意見交換や、討論することが励みになり、卒業した今でも同級生との良い関係性は続いています。

 

これからアーユルヴェーダを学ぶ皆さんにとって、校長のクリシュナ先生をはじめ、知識豊富な実践者である講師陣による講義を受けられること、そして古典をベースにしたカリキュラムを学べることはとてもラッキーなことで、一生の財産になることでしょう。

 

理論だけでなく、日常生活の中で今日から始められるアーユルヴェーダの実践法を教えてもらえるので、本場インドに行かなくても、仕事をしながら伝統に則った本格的なアーユルヴェーダの勉強をしたい方には、自信を持って日本アーユルヴェーダ・スクールをおすすめしたいと思います。

Profile

アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー
アーユルヴェーダ・ヘルスコーディネーター
アーユルヴェーダ・ヒーリングコンサルタント
(日本アーユルヴェーダスクール認定)
Ayurvedic Medicine Practitioner(米国補完医療大学発行)
Sivananda Yoga正式指導者
カウンセリングルームAyuSya(アーユシュヤ http://www.ayusya.jp/) では、ヨガとアーユルヴェーダの叡智を統合させたセルフケアの方法を提供する。 Under the Light Yoga Schoolでシニアティーチャーとしてレギュラークラス、指導者育成コースを担当。全国各地でワークショップやりトリートを行っている。